バナー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

採集記

2012年10月 9日 (火)

賞品の発表 そにょ10

10000HIT記念、第2回プレ企画万魔殿を行っています。詳細はこちら

引き続き当方からの賞品の一部をアップします。少しずつ行いたいと思います。

【kamikiri-bの賞品】

・ナミハンミョウ成虫ペア/野外品/岐阜県産/1名さま

体が綺麗でまるで宝石のようなナミハンミョウです。「道教え」の異名のとおり、飛んで逃げてもまた目の前にポトリと落ちてきました^^。よくハンミョウは臭いといわれますが、それはツチハンミョウであってナミハンミョウは臭い液を飛ばすようなことはありません。飛翔性が高いので外で取り扱わない方が良いと思います。累代も可能ですので一度挑戦されては如何でしょうか?当方もしたことがありますが、幼虫は背中にコブがあって変わっていますよ。成虫はドッグフードでも大丈夫です。美しさでは昆虫の中で一二を争うのではないでしょうか。一度手に取って見てみてください。

引き続きよろしくお願いします。

秋の遠征、採集成果!

本日採集に行ってきました。狙いはコブヤハズカミキリで、出来たらその他も採れたらいいなという感じです。相方と早朝6時過ぎに待ち合わせ出発、目的地に着いたのは8時過ぎでした。標高1000mぐらいの山で、もう何度か訪れています。熊や猿、その他マムシやヤマカガシに遭遇することも少なくないです。

今日は天気で日差しは強いものの風が冷たく、それほど紅葉はしていないものの秋の山という感じでした。進んでいくと山の中腹辺りで回りを飛んでいる虫がいます。そう、ナミハンミョウです。
Downfffoad
非常に美しくまるで宝石のよう、一部のマニアには絶大な支持があります。青化個体を採ろうとしましたがそれは叶わず、ノーマル個体を何頭か採集して次に進みます。

途中でマムシ幼体とヤマカガシ成体を見かけてガクブルしながら山を登っていると、崖下から何かが飛んできました。見てみるとオオセンチコガネです。歩いているとたまに飛んでくるんですが、今日は10頭以上見たでしょうか。なぜ頂上へ向かって上がっていくのか不思議ですが、実はオオセンチも欲しかったのでなんとか2頭GETしました。
Downfload
ナミハンミョウほどではないものの早く、また飛んでいる高度が高いのでほとんどとることが出来ませんでした。

それから山頂近くでカミキリ採集を始めました。傘を下にして棒で叩く、いわゆるコブ叩きです。楽しみにしていたコブ叩きですが、ナミハンミョウを採る時にかなり体力を消耗してしまい、余り積極的に出来ません。そんな中叩いているとコロッとカミキリが傘に入ったではありませんか。「カミキリ入ったぞ~!」それは正しくチュウブマヤサンコブヤハズカミキリ!
Dowffffffnload
これからというところでしたが、下山もありますし体力も限界で仕方なく降りることにしました。でも最低でも1頭は採りたかったので、目的は果たせたかなと思っています。多分これは♀でしょうね。

また10月中に採りに行けたらと思っています。

2012年10月 8日 (月)

秋の遠征!

明日時間が取れましたので、昆虫採集に遠征してくるつもりです。一応走って体力はつけたつもりです^^。狙いはカミキリですが、その他色々採りたいと思っています。上手く行けばプレの賞品に出来るかもしれません。翌日筋肉痛必死ですが・・・・+д+。朝6時から夕方6時まで頑張ってきます!

Dvc00017

2012年9月 2日 (日)

近所へ採集

近所に久しぶりに採集に行ってきました。カタジロゴマフとナガゴマフを確認できました。やはりカタジロは綺麗で気品がありますね。乾燥気味の材にも集まっており、本当に普通種なのが分かります。

あと近いうちに高山を攻めたいと思っています。狙いはコブヤハズです。出来る限り何度かトライしたいです。もし見つかれば赤枯れ材も採集したいですね!とにかく凄まじい威力で、セットに使用したストリアータ幼虫が一杯見えています。

Imga4504

2012年6月11日 (月)

ヒメヒゲナガカミキリの採集

ヒメヒゲナガカミキリを知人が採集してきてくれました。カミキリに興味がないのに御神木を見てきてくれたようです。御神木というのは先月最初ごろに見つけた材のことで、最初は3本しかなかったのですが結構カミキリが来るので、そこで二人で近くの材を集めて今では10本近くあります。

すると効果覿面で、カミキリの数や種類が増えていっているのです。もっと集めてどんどん採れる様にしたいですね。因みにその近くのクリの木は少し開花したみたいなので次回採集に行く時が楽しみですね。

Image17

2012年6月 5日 (火)

遠征採集へ その5

遠征採集にまた行ってきました。狙いは花に来るカミキリです。余り高山ではないので珍種は望めないでしょうが、とにかく経験がないので楽しみです。

行って見るとまずノイバラが咲いておりました。地元では河川敷以外はもうほとんど咲いていないので流石高地は違うなあ、という感じです。しかし採れるのはエグリトラばかり。しかも数頭。2週間前ならエグリでも大喜びだったでしょうが、毎日のように採集に行っていると非日常も日常になってしまいます^^ゞ。

それからアジサイに近い種類の花を見てみます。これこそ今日の一番狙い目の花で、前回はニンフハナを採っており今回も期待です。色々と見てみるとやはり虫が余りついていません。ちょっと時間帯的に早かったのかな、と思っていたらいました!チャイロヒメハナです。ジョウカイにも似る軟翅っぽいカミキリですが、ネットで情報を入れていたので見破ることが出来ました。「こいつがチャイロヒメか~」と喜んでいると、他にもニンフハナやニョウホウハナをGET。

それからさらに進んでいきチャイロヒメハナを何頭か追加すると、1頭体の長い虫が飛んでいます。ハチだろうと無視したのですが、また別の所にもいたので網で掬ってみました。みるとホソハナカミキリではありませんか(のちにミヤマホソハナと判明)。「しまった、さっきのはハチじゃないんだ」と悔やんでも時既に遅し横山やすしです。おこるでしかし!^^ゞ

それから非常に美しい全身オレンジ色のカミキリをGET!(後にアメイロと判明)結局フタオビヒメハナも加えて14頭5種で終わってしまいました。「自分はまだまだだなあ」と思って帰宅しようと思うとここでまた奇跡が!境内の薪を見てみたら変なカミキリがいるではありませんか。ホタルカミキリを巨大化させたような容姿です。一瞬ジョウカイかとも思いましたが、符節が三節なのでカミキリでしょう。何頭かとって途中で切り上げました(後にクビアカルリヒラタと判明)。

今日の成果
・エグリトラ・・・5頭
・ニンフハナ・・・2頭
・ニョウホウハナ・・・2頭
・ミヤマホソハナ・・・1頭
・アメイロ・・・1頭
・フタオビヒメハナ・・・2頭
・カミキリモドキ?・・・1頭
・チャイロヒメハナ・・・5頭
・クビアカルリヒラタ・・・17頭

Image15 Image16 Image20 Image17

2012年5月30日 (水)

プチ採集

今日は遠征に行く予定でしたが、仕事の都合でいけなくなってしまいました。久しぶりの良い天気で風速も弱かったので非常に残念です。最近は仕事のせいで中々遠征にいけません。

しょうがないのでいつものご近所採集へ行ってきました。一応キイロトラ・ウスイロトラ・シラケトラ、また自分が苦手な粗朶での採集が目的です。しかしやや曇りになってきてトラ採集にも暗雲が立ち込めてきました。実際行ってみるとやはりヒメクロトラとクビアカトラが少し歩いているだけでほとんどいません。それでも目を凝らしてなんとか材の裏側にいたキイロトラの♀と思われる1頭を採集できました。前回産卵セットした2頭がどうも2♂だったので、これで次世代に繋げられたら、という感じです。

それから粗朶に向かいますが自信はありませんでした。今まで何度か試みましたが余り成果がなかったからです。ただもう6月になるからなのかいつもより発生していました。アトモンサビのポイントにいくといきなり3頭も姿が見えます。それからアトジロサビも何頭か採り、また別の場所ではヒトオビアラゲも3頭採集することが出来ました。

帰宅後色々とセットしておきました。もうカミキリだけで20セットぐらいありまふ^^ゞ。

今日の成果
・キイロトラ・・・1頭
・クビアカトラ・・・2頭
・アトジロサビ・・・6頭
・アトモンサビ・・・9頭
・ヒトオビアラゲ・・・3頭

Imga5436 Imga5441

2012年5月29日 (火)

ゴマフカミキリの採集

ゴマフカミキリが出ていました。今年最初のGETです。交尾していましたので確実にペアです。最普通種ですが、産卵セットするつもりです。

それにしてもそろそろ高山へ行きたいですね~。でもリョウブとかノリウツギにはまだはやそうだから迷っています。他の方の採集ブログを見て判断しようかな^^ゞ。

Imga5377

2012年5月28日 (月)

エグリトラカミキリの採集

前回キスジトラを採集した場所に再び行ってきました。時間がなかったのですが、どうしてもキスジトラを採りたかったのです。

場所に到着し、キスジトラのいる材置き場に行く前にまずエグリトラのいたノイバラの花を見てみることにしました。しかし今日はあまりいません。晴れが続いたので乾燥が進んだからなのか、よく分からないです。

それから満を持してキスジトラの場所へ行きますが全然見当たりません。そこで次に繋げる為に点在しているキスジトラが集まる材を積んでおきました。やや落ち込みながらも疲れたので休んでいると、一緒に行っていた知人が「あっ、キスジじゃね?」というではありませんか。見てみると、なんとキスジトラが今積んだ材の上を歩いています。飛んできたのかな?なんとか1頭のみかろうじて確保!

それから時間がないのにご近所採集も即行で行い、クビアカトラの為に積んでおいたクヌギ材を見に行きます。すると凄いスピードでうろちょろしているではありませんか。それにしてもすばやくて捕まえるのに一苦労です。中にはヒメクロトラかと間違えるようなとんでもなく小さい個体がおり是非採りたかったのですが、小さいとさらに早いのでとても捕まえられませんでした。残念!

今日の成果
・キスジトラ・・・1頭
・エグリトラ・・・5頭
・クビアカトラ・・・5頭
・ムツボシタマムシ?・・・2頭

今当方が欲しいと思っているのは沢山いますが、敢えてあげるならヒゲナガゴマフ・クリストフコトラでしょうか。特にヒゲナガゴマフは素晴らしく美しいので、もしいつか採れたら是非挑戦してみたいです。

2012年5月26日 (土)

採集巡り

実は少し前に昆虫に興味ない友人が「ツーリングへ行ったら材が置いてあったので、見てみたらキスジトラがいた」と教えてくれました。そしてなんと3頭持ち帰ってくれたのです。「これは行くしかない!」ということで、そんなに遠くないので他に2産地も巡ることにしました。

まず昼の11時ごろに1番目の場所に到着します。あまり早くてもいないですが、遅すぎると回れないのでこれぐらいの時間にしました。場所は山に近いですが平地です。ミニバラ系の花が一杯あるので見ていると、クロハナムグリ、アオハナムグリ、ヒメトラハナムグリが見えます。しかしカミキリはいません。

「ちょっと早かったかな?」と思ってみていたら、友人が「葉の上にいる」というので見てみると、確かにトラカミキリがいるではありませんか。採ってみると金から灰色なのでタケトラかエグリでしょう。どちらにせよ初採集なので追加を採る気マンマンです^^ゞ。じっと目を凝らしていると、たまに花の下にいたり葉上を歩いていたりしているのがおり、何頭か採集出来ました。

それからメインのキスジトラの場所へと案内してもらいます。キスジの付く材はサクラやカキなど樹種が決まっているのですが、付くような材は立っているものの倒木は一本しかありません。「たった一本しかないのに大丈夫か?」と心配でしたが、早速その木の上を1頭キスジトラが歩いているではありませんか!それからその材をひっくり返すとまたもう1頭ついており、確かにこの材にはよく集まるようです。また帰り際にも追加して合計4頭確保することが出来ました。

それから今度はさっき見たミニバラ系の花が河川敷に満開なので行ってみることにしました。冬場にツマグロハナを採っているので期待しましたが、凄い花が一杯あるのにほとんど虫がいません。これはどういうこと・・・?結局ここでは採集できず、最後は近所のいつもの採集場へ行くことにしました。

ここはポイントを知っているのと、あと友人と一緒に虫が来易いように工夫がしてあります。クビアカトラに関してはとにかくクヌギを好むので、点在しているクヌギの伐採木を集めてつんでおきました。簡易土場みたいなもんです。その甲斐あって、何頭か採ることができました。あと知人が虫に興味ないのに場所がいいのかウスイロトラやエグリトラやクビアカトラを採集しこれで終了です。3産地回るのは体力的に少し大変でしたが、超普通種とはいえエグリトラ初採集はありがたかったです。トゲヒゲトラより大型で中々格好よいですよ。

本日の成果
・エグリトラ・・・12頭
・ヒメトラハナムグリ・・・4頭
・ウスイロトラ・・・1頭
・キスジトラ・・・4頭
・クビアカトラ・・・5頭
・ムネアカオオアリ女王・・・1頭

それにしてもアリ以外は名前に全部「トラ」が付いていますね^^ゞ。普通種ばかりでしょぼいと思われるかもしれませんが、平地採集ですし当方なんてこんなもんです。サビ系も努力しましたが今回は全く採れませんでした。粗朶はあるものの当方ではまだ難しいです。

Imga5344 Imga5334 Imga5335 Imga5343 Imga5358