バナー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マーチンホソアカ(カリマンタン)

2012年6月30日 (土)

マーチンホソアカ全頭羽化

マーチンホソアカですが、採った幼虫18頭全て羽化しました。ホソアカなのに卵の孵化率が100%だったので強いのは感じていましたが、全部無事羽化するとは思いませんでした。本当に頑健な虫です。♂♀は6♂12♀でちょっと偏ってしまいましたが、まあ♂が12頭よりはましでしょうか。

また羽化・成熟までが非常に早い種で、羽化するまでは3ヶ月ほど、羽化してからは1ヶ月もしないうちに餌を食べだします。ムニスゼッチも早い時は3週間もしない内にバリバリ食べだすのでそっち系統なんでしょうね。また野外成虫を飼育した時の感じや情報に従えば半年は普通に生きそうです。

非常に理想的な虫だといえますが、敢えて言うなら産卵させるのに少しポイントがいります。簡単なことなので知っていれば誰でも採れるのではないでしょうか。一応ギネスは原名亜種が登録されていますが本種yamamotoiはないので手元にある40mmは一応ギネス!?^^ゞ

Imga5764
Imga5761 Imga5760

2012年6月15日 (金)

マーチンホソアカの羽化

マーチンホソアカが羽化していました。待望の♂です。そもそもマーチンはホソアカの中でも採卵が難しいといわれており、特に野外品から採るのが難しいと聞いていました。

でも実際やってみるとポイントさえ抑えれば誰でも飼育できるようです。当方でも19頭も採ることが出来ました。そのうち1頭だけ菌糸にいれ残りは安全にマットで飼育したのですが、その菌糸に入れた1頭が今回羽化した♂です。

サイズを測ってみるとなんと40アップ!その他は30ぐらいなので菌糸があうのでしょうね。ギネスは確か42mmぐらいだったと思うので、次世代で一杯とって菌糸に入れればおそらく超えることでしょう^^。

この個体も含めて何ペアか出品予定ですので気になる方はお待ちください。普通のホソアカとは質感が全然違っていてとても変な虫ですよ。画像の♂もこんなに皮がついて変です。

Imga5637

2012年3月27日 (火)

マーチンホソアカの割り出し

マーチンホソアカの2回目の、そして最後の割り出しを行いました。ケース側面から見えていたので期待していましたが、9頭でした。

前回のを合わせて18頭になりました。産卵に癖がある、野外♀はうませにくい、などいわれていますので、これだけ採れれば良かったです。1回目に割り出した幼虫は3齢もチラホラいるので、夏になる前に羽化してくれるかも。

Imga4817

2012年2月20日 (月)

マーチンホソアカの幼虫

マーチンですが、1回目の割り出しは3幼虫6卵と報告しましたが、結局6卵とも無事孵化し、9頭幼虫になっています。まあ一桁はかわらないけど- -ゞ。その内2頭は既に2齢、幼虫たちは初齢から随分元気で、産ませるのは若干難しいですが幼虫飼育は容易のようですね。

一応ギネスを目指してそれなりの飼育をしてみようと思っています。