バナー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ローゼンベルグオウゴンオニの産卵 | トップページ

2012年11月15日 (木)

グアンクシィシカツノの割り出し

グアンクシィとビシグナートゥスとミワを割り出してみました。結果を言うと幼虫がグアンクシィは15頭ぐらいビシグは20頭ぐらいミワも15頭ぐらいでした。温度が低い為か2齢幼虫と一緒に卵も出てきています。ミワに関してはボトル産卵で、かなり菌糸が劣化して何頭か落ちたと思うのですがこれだけ採れたのでかなり有効だと思います。おそらくティティウスとかヒペリオンとかアフィニスもいけるんじゃないですかね。ネット情報ではビシグも可能とありました。でもカチカチだと産みにくいと思うし、ライヒの時はダニが発生したし、ローゼンも再生した菌糸に卵が巻かれたりして扱いが中々難しいです。画像は破片に入っていたビシグです。幼虫撮影しても面白くないですね- -ゞ。
Imga6291

« ローゼンベルグオウゴンオニの産卵 | トップページ

グアンクシィシカツノ」カテゴリの記事

コメント

初めて聞く名前のムシばかりです。ミワしか知りません

たくさんの種を飼育してますね。\(^o^)/
自分はイロイロあって、減種中です(>人<;)
でも飼育は楽しんでます( ´ ▽ ` )ノ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グアンクシィシカツノの割り出し:

« ローゼンベルグオウゴンオニの産卵 | トップページ