バナー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

シロヘリミドリツノカナブンの飼育

シロヘリです。その頑強さは昆虫ナンバーワンかもしれません。桃の匂いがしていい感じですよ。交尾させて本日セットしました。

Imga6180_e 

飼育は非常に簡単で、寒さも暑さも強く、マットの乾燥にも強いです。卵も堅いですし、孵化率も高いです。産卵もばら撒きで数も多く、まさに逆ウエスト・ウッディ!弱点は繭玉時の湿度の高さでしょうか。あまり水分が多いと中で蛹が腐ってしまいます。

カブトの幼虫

今日はカブトの幼虫のマットを交換しました。

まずこれがエレファスで、当時サタンと同時にセットしてサタンは多産だったのに、本種はほとんど採れませんでした。5頭を小ケースに入れたままです。ただここまで来たら6cmのエレファスヒメゾウを狙おう!
Imga6175
これはピサロです。成熟したわけでもないのに幼虫が黄色いです。一杯採ったんですが卵で割り出してしまったため、ほとんど孵化せずに結局8頭しかいません。ゴロファは気をつけましょう・・・。
Imga6176
これはダビディスです。国産カブトに比べて少し弱い感じを受けますが、今の所落ちることなく順調に育っています。以上の3種は全て100%腐葉土で飼育し ています。理由は安上がりだからです^^ゞ。腐葉土入れて1~2ヶ月放置でたまに代えてやればよいのでカブトは楽だなあ。問題があるとすればたまに存在を 忘れることかな!
Imga6179
最後にカブトではありませんが、ウガンデンシス幼虫です。これも100%腐葉土で飼育しています。気を抜くと手に噛み付いてきます。Imga6177

2012年9月28日 (金)

フォルスターのセット

フォルスターですが、凝りもせずにペアで投入したところ、無事メイトガードしておりました。雌雄ともに小型ですが、何とか頑張って欲しいものです。
Imga6168_2
産卵木は2本は柔らかいコナラ、もう1つは部屋の隅にずっと転がっていた、どう処分していいか迷っていたレイシ材のカケラです。ウッディは飼育できないので、フォルスターで擬似ウッディ体験だ~^^。

あと本日採集に行ってきました。ほとんど成果はありませんでしたが、少しはあったので明日アップしたいです。

インペラトールの蛹化

インペラが蛹化した、といっても♀です。♀の蛹見ても何の蛹なのか分からないですね
Imga6173 一応パープルとレッドが出る系統なので頑張りたいです。

あと明日カミキリ採集に行ってきます。狙いはチュウブマヤサンコブヤハズカミキリです。採り難い場所なので自信はありませんが、一生懸命やってきます。ブログ名の名にかけて!

ローゼンベルグオウゴンの産卵セット

ローゼンですが交尾は確認していませんが、している感じだったので♀を菌糸ボトルの中に放り込んで置きました。大胆なセットでしょう?^^ゞ
Imga6170
3ペアいて餌を食べているのが1♂3♀だったので、1♂に頑張ってもらいましょう。とりあえず2♀目も使用済み♂と同居させておきました。ただ♂が後食はしていても性成熟していない可能性もあるので、3♀目はもう少し間をおくつもりです。

ライヒヒラタの産卵セット

ラオス産ライヒを2つ再セットしているのですが、両方から幼虫が見えています。まだ1ヶ月経っていないのですが初齢がガンガン食べています。Imga6172 もう40頭以上いるのに最終的にどれぐらいになるのか・・・。10000HITプレでは確実に出そうです。人気なさそうですが野外♀なので、「アフィニスになるかも」という謳い文句なら応募があるかな~^^ゞ。

2012年9月27日 (木)

能勢YG血統オオクワガタの到着

BKダイヤさん主催の企画で頂いた、バナロマさんの能勢YG血統オオクワガタです。非常に大きくて驚いています。♀は50mmありプリプリです#^^#。オオクワは正直言いまして素人ですが、一生懸命飼育したいと思っています。お二人には本当に感謝しています。有難うございました。80アップは自信ないですが、それを目標に頑張りたいです。
Imga6167

2012年9月26日 (水)

2つ割り出したものの・・・

今日はメリアヌスとマーチンを割り出したのですが、それぞれかなり厳しかったです。メリアヌスはミニケースで材2本を入れてセットしたのですが、材それぞれ1頭ずつでした。どうやら3齢ペアのようなので、成虫ペアが3齢ペアに変わったみたいな感じです。増えてないじゃん!^^ゞやはりメリアヌスは苦手ですね。残りのメリアヌスのセットは天然カワラ材が入っているので、これに期待!

マーチンは幼虫が結構見えていたので、調子に乗って「目標3桁」とか言っていましたが、幼虫は15頭ぐらい、卵も15個ぐらいで合計しても30頭でした。成虫たちは皆元気なのでまだ諦めたわけではありませんが、さすが珍品簡単には行かないみたいです・・・。
Imga6139
Imga6154

ディディエールシカの幼虫

ディディエールですが、菌糸に投入した7頭の幼虫が全部見えていました。中々食痕が見えないので不安だったのでよかったです。菌糸とは余り相性がよくないようですが、拒食さえしなければ大型になるらしいです。

とにかく7頭は菌糸のままでその他は無難にマット飼育にします。

Imga6151

2012年9月24日 (月)

ローゼンベルグオウゴンオニの成虫管理

ローゼンを3ペア購入しました。昨年はモーレン2ペアとローゼン3ペアを購入し、モーレンは2ペアで合計50以上産んでくれましたが、ローゼンはなんと成熟前に落ちていき結局1♂残るという悲惨なことになってしまいました。つまり3ペアもいて一度も産卵セットを組めなかったわけです。

今回はリベンジということになりますが、状態は1♂以外は後食しているようにみえます。これだと待たなくて良い反面性成熟の時期が分かりにくいですが、♀の寿命も分からないので明日にもでもペアリング、明後日にはセットしようと思います。さあ、今回は採れるのか?


1ペアの産卵セット前の死亡までは許そう(・_・)エッ....?

Imga6141 Imga6140

2012年9月23日 (日)

ラオス産ライヒヒラタの割り出し

ラオス産ライヒヒラタを割り出ししました。A血統とB血統があり、A血統は菌糸ボトルに♀をセット、B血統は普通に中ケースで細材2本でセットしました。

ボトルは難しいかなと思いましたが意外にも、17頭採ることができました。また中ケースにセットした方も普通に産んでおりまして、25頭採ることが出来ました。結果だけ見ると普通にセットした方が採れていますが、菌糸の方が直ぐ菌糸を食べられて大きくなりやすいかもしれません。

10頭だけ選んで800ボトルに投入予定です。

菌糸ブロック詰め

今日は菌糸ブロックを7個詰めました。2週間前にも7個詰めたので今月は14個詰めたことになります。前は7個を1週間ぐらいかけて詰めたと思いますが、その精で菌糸の膜が張って勿体無かったので、今回はまとめてやりました。1日で7個詰めるのは結構しんどかったです

カビが生えないように消毒していますが前は容器も消毒していたのに、今は不精になって手につけるだけになっております。まあ一応カビは生えていないので大丈夫でしょう!

2012年9月22日 (土)

ミワヒラタの産卵セット

ミワヒラタとビシグナートゥスの産卵セットを行いました。ビシグはこれで5セット目です。前回やったときは2セットして、1セットは0でもう1セットからなんとか12頭だけ採れたという苦戦した思い出があります。だから4セットも組んでしまいましたが、やはり普通種今回は既に幼虫がチラホラみえているのにセットすることになってしまいました。もっと早く里子に出すなりすればよかった・・・。

ミワは今回は思い切って菌床産卵に挑戦です。♀をみるとピッタリだと思うのですが。ミワはカワラと相性がいいので、孵化した幼虫が直ぐにカワラを食べれば大型になると思います。どうなるかちょっと楽しみです。
Imga6134

フォルスターの成虫管理

フォルスターフタマタです。明日ペアリングをしようと思っています。ウエストウッディに似ているのが良いですね。光岡自動車みたいなクワガタ?^^ゞ

でも他のフタマタと違って本当に魅力ある種類だと思います。30頭目指して頑張りたいです。

Imga6132

2012年9月20日 (木)

トゲナナフシの飼育

トゲナナフシが脱皮しました。これで成虫かと思ったら、まだ終齢だったようです。表面が緑色が強く残っており、成虫になっても残っていたらグリーン血統として飼育を継続したいと思っています。でも成虫になったら消えちゃうかな~。
Imga6130

ボイレアウシカの産卵セット

ボイレアウシカです。ツツイシカやクレナトゥスシカ?と同様に、分類が色々と変わったようですが、ラオス産のみがボイレアウになったのかな?しかしセットして2ヶ月が経ちましたが幼虫が全く見えてきません。

初入荷ということで当方からすると高価でしたし、この系統の中だと最大になる可能性もあるのでどうしても採りたいのですが。♂はいつも上にいるんですが♀が全然みえません。3ヶ月経過したら割りたいと思いますが、5頭でもいいので産んでいて欲しいです。

Imga6124

2012年9月19日 (水)

ディディエールシカの幼虫

ディディエールシカの幼虫ですが、24頭中7頭を菌糸に投入しています。ディディは菌糸が合わないと落ちてしまう場合がありますが、菌糸に入れないと大きくならないのでちょっと冒険です。

投入して1週間ぐらい経ちましたが、食痕が見えたのは3頭だけです。3齢なので直ぐに普通は見えると思うので、やはり幼虫たちも苦戦しているのかもしれませんね。上手く行くようなら残りも菌糸に入れたいです。

あと、リンクしていただいているのに当方はやり方がわからず出来ずにいましたが、なんとか出来たみたいです。事後報告で済みませんが、にのいとさん・なおはるさん、勝手にリンクさせていただきました。問題ありましたら仰ってください。遅れてすみません<( _ _ )>。

Imga6120

2012年9月18日 (火)

モーレンカンプオウゴンの幼虫

モーレンカンプの幼虫です。200カップで引き伸ばしすぎて大型個体は望めないですが、全8頭無事にしていました。プリプリしていますね。そろそろ部屋を作ると思います。産卵は容易で2ペアで50ぐらい産みましたよ。

片やローゼンは成熟前に落ちまくって、挑戦する前に2ペアとも駄目になってしまいました。セットすることもなく全滅というのはあまりに悲惨ですTT。1♂だけが延々と生き続けていました・・・。管理方法が悪かったのかなあ。でもまたリベンジしますよ!^^9

Imga6118

2012年9月17日 (月)

飼育の近況報告

ミラビリスヒラタですが1♂2♀いたので2セットしたところ、1セット目ケース側面からなんと初齢幼虫が3頭見えていました。セットして1ヶ月ぐらいなのになんという早さ。羽パカの♀なのでどうかなと思っていましたが、20ぐらいは堅いのでは。あともう1セットからも卵が3個見えていました。こちらの♀は♂による挟み傷が酷かったのですが、無事産んでくれています。合計50ぐらい採りたいですね。アゴがペッタンコで格好よいのに余り人気がないのが不思議。

ビシグナートゥスはケース底に産んでいた卵が孵化していました。マットに産むのは知らなかったので意外でした。こちらは1♂4♀いたので4セットもしています。そしてまだあと1ペア残っているというガクブルな種です^^ゞ。がくがくぶるぶる。や・れ・と?プレ企画には間に合いそうにない・・・。

グアンクシィシカツノは前回は確か10頭ぐらいしか採れておらず、再セットしておりました。今回見てみるとマットに卵が5個ぐらい見えています。幼虫は前はマット飼育でしたが、今度は菌糸に入れたいと思っていました。マットで200カップでも結構大きくなったので、菌糸で800なら特大になるのでは。

マーチンは特大ケースに複数♀を入れてセットしてあるのですが、ケース側面に幼虫が9頭見えました。初齢は線虫かと思うぐらい小さいです。ただ幼虫は大きさに反して丈夫なので無事大きくなってくれるでしょう。100頭ぐらい採れると勝手に思っていますが、9頭の可能性もあります。これがクワガタ飼育の怖いところ・・・。

ラオスライヒは前回一杯産んでくれましたが、再セットしたものも産み出しています。画像の二つ重なっている卵がそうです。2♀体制なのでこちらも50ぐらい普通に行きそう。新産地とはいえ大きくならない原名亜種だし、採りたかった種ですが実際採りすぎても困りますね。

Imga6113

2012年9月15日 (土)

メリアヌスコクワの割り出し

メリアヌスコクワを割り出ししました。コナラ細材2本入れていましたが1本は0、もう1本は9頭いました。やはり少し難しいですね。

産んでいなかった材は古くなっていて水分も多かったのですが、産んでいた方は綺麗で水分も少なかったので、やはりカワラ材で産むというのは確かに納得です。

他のセットはカワラ材が入れてあるので爆産期待!^^

Imga6110

タイワンツノボソの蛹化

タイワンツノボソ♂が蛹化していました。暖かかった為かちょっと時間が掛かってしまいましたが、♀はもう羽化しているので春にはセットできそうです。
Imga6111

2012年9月13日 (木)

イジェンノコの羽化

イジェンノコが羽化していました。アスタコイデス系ですが全然大きくならず、またずんぐりしていて魅力あるクワガタです。次世代は菌糸も使用するなりして大型目指したいです。
Imga6077

2012年9月12日 (水)

アマミシカの羽化

アマミシカ♂が羽化していました。これで最後の個体です。全部で25ペアぐらいが羽化した事になります。でも自作マットで飼育したら全然大きくなりませんでした。最高で45mmぐらいでした・・・。

ギネスは56mmですが、一回り以上差があります。どうしたらいいのでしょうか。好きなクワガタので今セットしているのが採れたらまた挑戦してみようと思います。

Imga6076

プラティオドンの幼虫

MINAMIさんの企画で頂いた、プラティオドンの幼虫です。プリプリしていてとてもおいしそう?最初は♂♀羽化時期が揃うように、小さなカップで飼育するつもりです。にのいとさん並びにMINAMIさん、この様な機会を頂本当に有難うございました<( _ _ )>。
Imga6078

2012年9月10日 (月)

フジイコクワのセット

フジイコクワですがようやくセットしました。動きはまんまコクワという感じで、ライヒのような内歯が格好よいです。今回は天然カワラ材を使ってみました。念のため普通の柔らかいコナラ材も入れてあります。

同居済みですが♀殺しはほとんどなさそうなので、しばらくは一緒にセットすることにしました。一応自分なりに「採れる材の置き方」をしてみたつもりです。メリアヌスとかアキソプシスに有効だとおもうんですが、まだはっきりとはしていません。

最近ではかなり魅力のあるクワガタだと思うので、絶対採りたい種です。30頭は採りたいですね~。Imga6063 Imga6067

2012年9月 9日 (日)

コツノヒメカブトの蛹化

コツノヒメカブトが蛹になっていました。ヒメカブト系は♀蛹に小さい角が出来るのですが、コツノ♂の角がただでさえ小さいので、蛹による雌雄判別が難しい!まあ羽化してからの楽しみということで。

コツノはもう最近ほとんど市場で見かけなくなったので、残せるようにしっかり飼育したいと思っています。

Imga6062

ロンボックエンシスの羽化

ロンボックエンシスですが、3頭羽化していました。小型に羽化した為か頭じゅんが小さく雌雄が分からないので、成熟したら全部まとめてセットしてしまおう・・・。

あと羽パカと蛹で1頭ずつ落ちていました。産卵も少し癖があり自分はチョと苦手・・・。
Imga6061

ラオスライヒの幼虫

1500ボトルにセット中だったラオスライヒですが、2齢5頭ぐらいかと思ったらどうやら全部で20頭ぐらいいそうです。少し上を削ったら初齢が何頭かおり、初期の菌糸投入は危険と踏んで今回は見送りました。ライヒは取りにくい印象があったのですが、これからは菌糸産卵で決まり!^^v
Imga6059

2012年9月 2日 (日)

近所へ採集

近所に久しぶりに採集に行ってきました。カタジロゴマフとナガゴマフを確認できました。やはりカタジロは綺麗で気品がありますね。乾燥気味の材にも集まっており、本当に普通種なのが分かります。

あと近いうちに高山を攻めたいと思っています。狙いはコブヤハズです。出来る限り何度かトライしたいです。もし見つかれば赤枯れ材も採集したいですね!とにかく凄まじい威力で、セットに使用したストリアータ幼虫が一杯見えています。

Imga4504

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »