バナー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« コカブトの羽化 | トップページ | ストリアータの産卵 »

2012年8月 2日 (木)

色々飼育

今大体40セットぐらいしています。これは明らかにやりすぎで、多分一部を除いて200カップで小型羽化ばかりになりそうです。昨年は10数種類に抑えたのですが、ついつい増えてしまいました。

ペレンメタリを見てみたら幼虫が3頭みえていました。自分は念のため種親を2ペア残しておくのですが、今回は1♂が羽パカで落ち♀はなぜか大アゴ1つ欠損で1ペアしかいなかったので、なんとか次に繋げられてよかったです。

ミャンマーdspは♂が大きすぎるのと足がおかしい為上手く交尾できるか心配でしたが、本日卵が確認できました。もう1ペアも出してしまおうと思います。2♀いるので相当採れるのではないでしょうか。

パプアキンイロはブルー♂血統もアルファック巨大血統も幼虫が見え出しました。ブルー♂血統はより青い♂を、アルファックは今回こそギネスを目指したいと思っています。♀は27mmを目指したいですね。

チグリヌスは20頭以上採れました。ジェンキンスノコも1頭ですが幼虫が見えています。ムナコブもセットしてそんなに経っていないのに幼虫が1頭見えてきました。ムニスゼッチは爆産、グアンクシィシカツノは卵らしいのが見えていますがマット産みするんでしょうか?土の塊?(汗)

とにかく一応それなりに採れているようです。

« コカブトの羽化 | トップページ | ストリアータの産卵 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色々飼育:

« コカブトの羽化 | トップページ | ストリアータの産卵 »